卓球練習.comのトップへ > 卓球の基礎知識 > 卓球の戦型(プレースタイル)

卓球の戦型(プレースタイル)の種類

卓球は他のスポーツに比べて、ラバーやラケットなどの用具の種類がとても多いです。使用する用具、そして試合で主に使う技術によって、選手たちはいくつかのプレースタイルに分類されます。
卓球ではこのプレースタイルのことを「戦型(せんけい・せんがた)」と呼んでいます。どのような戦型があるのか、実際に見ていきましょう。

卓球の主な戦型は6つです。実際には同じ戦型でも同じ動きをする選手はいません。
選手の体格や性格によって、様々なプレースタイルが出来上がっています。




シェークドライブ型

両ハンドのドライブと主とした、世界的にも一番多い戦型です。前陣・中陣で安定感のあるドライブ、パワードライブを中心にゲームを組み立てる。ラバーは両面裏ソフトで、ラケットは攻撃用かオールラウンドタイプを使用。

異質攻撃型

フォアは裏ソフトラバーで回転中心のドライブ、バックは表ソフトラバーを使ったスピード系の技を使い、前陣速攻型ともいったりする。打球点の速さを優先し、テンポの早い攻撃とブロックを中心にゲームを組み立てていく。

シェークカット型

よく聞くカットマンの事。両ハンドのカットの変化と、守りを中心としてゲームを組み立てる戦型。広い守備範囲を動くため、フットワーク力と、相手のミスを逃さない決定率が重要になります。バックハンドは表ラバーや粒高を使う事もある。

ペンドライブ型

伝統的なペンホルダーのスタイルで、過去の金メダリストにも多い戦型。日本式ペンや中国式ペンを使い、フットワーク力を活かしたドライブで試合を組み立てる。

ペン速攻型

プレー領域は前陣で、表ソフトラバーを使い、速い打球点での攻守を中心にするスタイル。日本式ペンの特性を生かした台上処理から先手をとり、スマッシュにつなげたり、中国式ペンのバックハンドにもラバーを貼り、裏面ドライブを使う選手もいる。

ペン、シェーク粒高攻守型

粒高ラバーの特性を活かした、ボールの変化で攻撃チャンスを作り出すスタイル。ややコントロールが難しく初心者向けではないが、しっかり使いこなせたら、相手にとってやりにくいためチャンスを作りやすい、守りが主となる戦型。


戦型の選び方のコツ

卓球にはさまざまな戦型があり、どの戦型を選ぶかは自分次第です。
大事なのは自分にしっくりくる戦型を選ぶことです。かといってずっと悩んでいても、いつまでたっても練習は始まりません。戦型の選び方でオススメなのは、あこがれの選手の真似をすることです。プロ選手だったり、先輩だったり、自分が『カッコイイ』とか『いいな』と素直に思う選手を真似する方が伸びるのは明らかです。



小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。