卓球練習.comのトップへ > 試合で緊張しない方法

卓球の試合で緊張しない方法

試合で緊張しないために出来ること。

僕も学生時代『試合になると弱くなる症候群』でした。
緊張して、思うようにプレーできず、このようなことが起こっていました。

・ドライブが決まらない。
・レシーブミスが増える。
・手や足がガクガク震える。
・ラケット感覚を忘れる。
・普段負けないような選手に負ける。


        

せっかく練習したのに試合で力が発揮できないのはとても悔しいですよね。本当に心から分かります。人は誰しも緊張するものです。緊張に飲まれないためにも、ここでは、できるだけ緊張しないようにする方法を、僕の経験から紹介します。


1、 試合前に必ず体を温めておく事。
これが一番効果的です。たとえ1回戦でも、本気で挑むことが大切です。ゲームに呼ばれる時間を見計らって、素振り(シャドー)やランニングをし、必ず体を温めておきましょう。少し汗が噴き出てくるくらいがベストです。

2、 試合中に声を出す。
試合中は自分を鼓舞することが大事です。恥ずかしがることがないように、日頃から練習で声を出すことを心がけましょう。

3、 勝つことよりも、楽しむことを意識する。
勝つことを意識しすぎると、より緊張してしまいます。今まで練習してきたことを自由にやって楽しむ気持ちで試合に臨みましょう。

4、 試合中も足を動かす。
1セット目は、相手にあげるくらいの気持ちで心に余裕を持ち、フットワークを使う意識をしましょう。サービスまでの間も、ジャンプして体をほぐす事をオススメします。

5、 一つ一つを確実に行う。
ツッツキはしっかりツッツク。ドライブはドライブする。サーブはサーブ。このように、一つ一つの動作を確実に行いましょう。緊張して頭が真っ白になった時は特に意識しましょう。


人はみんな緊張するものです。試合相手も同じでしょう。しっかり練習を積み、緊張せずに、試合で実力を発揮できることができれば、いい試合結果が残せるでしょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。