卓球練習.comのトップへ > ストップの練習方法

卓球のストップの打ち方

ストップとは、ツッツキと同じ要領で、相手のネット前ギリギリに落とす技術です。長いツッツキレシーブの合間に、たまにストップを入れる事で、相手は攻めづらくなります。

打ち方は、手打ちにならないようにボールに体を寄せてから、ボールの底を切るイメージより、『チョン』とラケットに当てるイメージです。打点はツッツキと同じで、できるだけ1と2の間でとらえましょう。

 


打球点は1と2の間



ストップ後は、フリックされるかもしれないので素早く下がり、次に備えましょう。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。