卓球練習.comのトップへ > バック側でストレートボールをミスする原因

ストレートボールを覚えよう!

ストレートのボールはクロスより難しいだけに、試合中に相手がクロスボールを待ってるような時、相手の逆をつくコースになりやすいので効果的な打ち方です。

ストレートボールをうまく決めることができると、すごく気持ちいいですし、相手に『ストレートにも打ってくる』という意識を持たせることができるので、相手はうかつにバックだけで構えることができなくなります。相手に読まれにくくなるのです。

      

しかし、その分ストレートに打つのは少し難しく、なれないころはよくミスをしがちなので、そのストレートボールのミスの原因と対策をここでは解説していきます。



原因①
よく起こってしまうのがオーバーミスです。オーバーミスの原因は、クロスへ打つ時と同じように大きなスイングで打球してしまうことです。ストレートボールは打ちこむ台の距離が短くなるので、クロスの時よりも小さいフォームを心がけましょう。



原因②
打つときの足の位置が下の図のように、台と平行になってしまい、肩や腰のウイングを使えず、手打ちになってしまうので不安定になってしまう。打つときは左足を前にふみこむと、体全体を使うことができるので安定します。


  



原因③
ドライブの場合はカーブをつけすぎて、サイドラインを割ってミスをしてしまう。カーブのかけすぎに気をつけましょう。



原因④
試合中、自分の空いているフォアに逆に攻められてしまう、という不安から、早くフォア側に戻ろうとして手打ちになってしまい、フォームをくずしてしまう。



まとめ
バックサイドでストレートに打つときは、左足を前にふみこみ、腰と肩のスイングを入れて、クロスに打つ時よりも小さいフォームで打球し、できるだけ早くもどり、フォアへ飛びつける構えをとることです。

ストレートに打ったボールがブロックされるとしたら、ほとんどがフォア側をねらってくるはずです。あわせて飛びつきの練習もして、次のボールに対応できるようにしておきましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。