卓球練習.comのトップへ > 右横回転のしゃがみこみサーブをバック側に出された時のレシーブ

右横回転のしゃがみこみサーブをバック側に出された場合は?

横回転のサービスに対するレシーブの基本は、横回転のレシーブ方法で紹介しましたが、しゃがみこみサーブからのボールの出方や飛び方のタイミングが違うこと、シェークハンドの場合はしゃがみこんだ方がより回転が増す場合があることなどの違いがあります。

いつもと違ったフォームやしゃがみこみのモーションにまどわされずに、相手のラケットのインパクトの瞬間をしっかり見ることがタイミングを合わせるためにまず大切です。

打球点は頂点をしっかりとらえて返球しましょう。頂点をすぎてボールが横に曲がってからの打球は角度が出しにくく、返球が難しくなります。

長いサービスに対してはショート、プッシュ、バックハンドドライブ、カットなどの返球方法がありますが、動ける人は横回転は全てフォアハンドでスマッシュを狙う、という心構えで挑んだ方が、かえって回転に負けないので、入る確率も増すことがあります。

短いサービスは、力を制御してサーブし、ロングサービスより回転が少し弱いことがほとんどなので、フリックやストップ、順回転レシーブで返す方法などを取り入れてください。

なれてくれば、ボールの跳ね方で回転の度合いが少し分かるようになってきます。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。