卓球練習.comのトップへ > 強いダブルスペアをつくるために > ダブルスの動き方

ダブルスのフットワーク

卓球のダブルスでは、交互に打つというルール上、息の合ったスムーズな動きをすることがとても重要になってきます。パートナーがどこにボールが来ても動けるように、十分なスペースを確保することが動きのポイントとなります。

この動き方は、組んでる二人の利き手によって違ってきます。


右利き同士(左利き同士)のペア場合


①で打球したら、②に動きます。パートナーはこの時同時に①に動きます。パートナーが打球しようとしてる時に②から③へ移動しながら次のボールに備えます。このように、三角形をつくるような動きになるのが基本です。



左利きと右利きのペアの場合


お互いに打球後は自分のバック側に移動し、パートナーが打てるスペースを確保します。上の図ように『ハ』の字の動きになるのが基本です。



試合での動き
実践のダブルスの動きはもっと複雑になりますが、基本的な考え方としては、パートナーに打ちやすい状態をつくる動きをできるだけ早くすることです。基本は上の動きですが、必ずこの動きをしないといけないわけではないです。時と場合によって動き方は変わります。

ダブルスで大事なのは、このように動き方が決まっていないため、

どっちが攻めるのか?
どっちがつなげるのか?


という役割分担が必要になります。

つなげる方は大振りせず小さなフォームで素早く動く事に徹する。そのお陰で攻める方は動けるスペースに余裕ができるので、大胆に攻撃できるわけです。

このような考え方が強いダブルスペアには必要になってきます。


その他ダブルスの記事
ダブルスのコツと豆知識
ベストパートナーになる為に





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。