卓球練習.comのトップへ > フリックの練習方法 > チキータの練習方法

チキータとフリックの違い

シェークハンドのバックハンドレシーブはフリックとチキータの2種類がある。
チキータとは強い横回転をかけた、高度なフリックレシーブ技術になります。
普通のフリックと違って、ボールの左側を切り、前に押し出すというものです。

チキータの打ち方

ボールを見て体の正面で、ひじと手首を曲げラケットを脇の下に引きます。
曲げた手首とひじを右前方向にスイングしながら伸ばし、自分から見てボールの左外側を切りながら前にフォロー。

チキータのコツ

・体を正面に持ってくること。
・ポイントは手首を内側に曲げること。
・左前じゃなく右前方向にスイングすること。

チキータの練習方法

・自分ででバック側で軽くボールをバウンドさせて左側を切る感覚を覚える。
・バック側にいろんな回転のサーブを出してもらい、相手のフォアに返す。
・マスターしたら試合で使ってみる。



小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。