卓球練習.comのトップへ > 2種類のフォアへの飛びつきをマスターしよう!

飛びつきとは

飛びつきとは、フォア側に振られた時(または、逆をつかれた時)に、大きく動きながら打つ打ち方の事です。

卓球において飛びつきは、プレーの幅を広くするためのフットワークです。うまくなるにつれて、回り込みを覚えたり、台上処理を覚えたりと、広いプレーを要求されるようになると、同時に覚えなくてはいけない技術になります。

ここでは、2種類の飛びつきの方法と、飛びつきの注意点、飛びつきに必要な筋肉について解説しています。


2種類の飛びつき

1つめは、いつもの立ち位置からの飛びつきです。


まずはじめに、右足に体重を乗せ、体を右に流しながらバックスイングをします。この時しっかりボールをみながら打つための飛びつき体勢を整えます。

①のように、左足を体の前で交差させながらスイング(飛びつき)をします。

②左足がつくと同時に右足も素早くステップします。この時③のように、つま先を内側に入れておくことがポイントになります。これはバック側に戻りやすいようにするためです。つま先が外を向いていると、戻る力が右足に入りにくいのです。

もう1つのポイントは、できるだけすり足で飛びつく事です。『飛びつき』というだけに、初心者の人は飛んでしまいがちです。飛ばなくてもボールに届くのに飛んでしまうことで上下運動による目線のブレ(無駄な動き)が生まれるからです。



2つめは、回り込みからの飛びつきで、フォアハンド中心のプレーをやろうという人の場合はこの動きは必ず必要になります。回り込み後の飛びつきは、フォア側まで遠く離れてるので、ステップが少し違います。


分かりやすく言うならば、1つめの飛びつきに①のステップが増えた飛びつきです。
大きく飛びつくには、右足の①のステップでフォアに近づく事が必要になります。このステップがなければ、フォアのボールに届かないでからです。

この①のステップと同時にバックスイングをとることになります。あとは飛びつきの基本は変わりませんが、ある程度距離があるので、ここでは素早くボールに飛びつきましょう。


飛びつく時の注意点

飛びつきを覚えたてのころ、斜め後ろにさがってしまうという事が起きてしまう人が多く見かけられます。斜めうしろにさがって台から離れてしまうと、飛びつき後の展開の攻撃力が軽減し、不利な流れになってしまうことがほとんどです。この後ろにさがってしまわないための3つの注意点を意識しましょう。

1、スタートが遅い
右足に体重を乗せ、踏み込んで飛びつくわけですが、この一連の動きが遅いことで、ボールを追うように後ろに下がりながら打たないといけない状況になってしまいがちです。速さを意識しましょう。

2、体を開くのが早い
動き始める前に、体(バックスイングで右肩)が開きすぎるてしまうその状態で打とうとすると、体の開きに合わせてどうしても斜め方向の動きになってしまいます。

3、右前にという気持ちを持つ
この上の2つのようにならないように、常に飛びつきは『右前に飛ぶんだっ』という意識を持って練習に取り組みましょう。


飛びつきに必要な筋肉を鍛えよう!

飛びつきに必要な筋肉は、飛びついても体勢が崩れないような足腰と腹筋を鍛えることです。そうすることでバランスを保つ事ができ、飛びついたあとの次への対応も安定して、ラリーができるようになるからです。

筋トレを欠かさずに!!



小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。