卓球練習.comのトップへ > 粒高対策

粒高対策と練習方法

ご存じの通り、粒高は対策練習をしておかないと、相当やりにくい対戦相手になってしまいます。大会などになると、ほぼ必ず戦う機会があるので対策をしておきましょう。

粒高対策はまず、粒高の特性を理解することから始まります。

1、粒高の特性
粒高は、回転のかかったボールが、インパクトしたときに高い粒が折れ、粒の側面でボールが滑るため、相手の回転が強ければ強いほど、粒高ラバーからの返球は強い回転がかかって返球される。

   回転はそのままで                       下回転が上回転になる   粒高ラバー 

折れた粒の側面でボールが滑るという特性から、相手のボールが上回転なら下回転、右回転なら左回転、というように打ったボールが逆回転になって返ってくる。

2、粒高の弱点を知る
ボールの変化を操る粒高ラバーは、その反面、自分から回転をかけることがとても難しいので攻撃には向いていません。まずはゆるい返球でつなぎ、チャンスボールを待って攻めるパターンの練習をしましょう。

3、粒高に慣れよう
同じチームに粒高選手がいない場合は、古いラケットに粒高を貼ったラケットを準備し、多球練習をしましょう。長いラリーができなくても、多球練習であればすぐに練習相手を努めることはできるようになります。

4、粒高との試合のコツと戦略
粒高は、強いドライブを打つと、強い下回転が返ってくることがあります。こんな時は、1度ツッツキを入れると戦いやすくなります。無理にドライブを打たないように気を付けましょう。

粒高の選手は、台上を得意とします。特にブロックに回ったときに、強さが発揮されます。いったん粒高のないフォアに3球目攻撃をした後、どっちつかずのミドルに攻撃すると効果的です。

回転のあるサーブだけでなく、ナックルサーブを使い分け、変化のない球をドライブで決めるパターンを作ることも一つの戦略になるでしょう。



小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。