卓球練習.comのトップへ > ツッツキ練習方法 > 粒高ラバーで切れたのツッツキ

粒高でのツッツキ

粒高を使う選手の悩みでよく聞くのは、

・切れたツッツキを出したい。
・ツッツキが切れない。


という問題点です。

まず基本的に、粒高のツッツキは切れないということを覚えておきましょう。粒高でツッツキをする時、ボールがラバーに当たった瞬間、粒がおれてしまいます。
   

ということは、

いくらスイングを早くしたところで粒高で切るには限界があるのです。
粒高は、自ら回転をくわえるのには適していません。


しかし、あきらめてはいけません!


逆に粒高のその『粒がおれる』という特性を、十分に使うことが粒高で強くなるためのポイントなのです。そのことに今日気がつけただけでも1つレベルアップです。



粒高の特性を活かすために
相手の回転を使うということに関して粒高の右にでるラバーはないでしょう。粒高は粒が折れることによって、相手の回転をそのまま利用することができる。つまり、下回転を上回転に、上回転を下回転にすることができるのです。



そんな事知ってるよ!



そう思うかもしれません。



そうです。



そんな事は、粒高というラバーを今日はじめてめて知った。という人以外は知っていますよね。しかしその特性を活かす方法を案外知らない人が多いのです。



粒高を活かすために必要なスキル

・ドライブをブロックできる
上回転のかかったドライブを粒高でしっかりブロックできれば、ブチギレの下回転を相手に送ることができます。次の下回転に対して、相手は連続ドライブをすることがなかなかできません。なのでツッツキできたらプッシュで攻めたり、もしループドライブでくるようだったらカウンターをねらいましょう。


・相手のツッツキに対してプッシュができる
強弱をつけたプレーができることで、相手にプレッシャーを与えることができ、強打させない試合展開を作ることができる。


・コースをねらう事ができる
上の2つを活かすためにも、相手に強打されないように、コースを考えて打球ができるようになりましょう。なので粒高の場合、レシーブは回転よりもコースをねらうことを優先しましょう。


・ストップを活かす
粒高はツッツキが切れない分、前後のゆさぶりを与えることができるようになるのも1つの手になります。切れてないツッツキよりも、短いストップを極めるように練習することをオススメします。これも相手に好き勝手させないためのスキルです。



以上の4つが粒高を活かす為のスキルになります。
これに加えて上級者との戦いで、もう1つほしいスキルは、決め球を持つことです。相手のレベルが上がってくると、なかなかミスをしてくれなくなります。なので、攻める為の決め球を何か1つ持つことをオススメします。

ツッツキを切ろうと思うよりもこの事を頭において日々の練習をやってみましょう。



小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。