卓球練習.comのトップへ > レシーブからの攻撃練習 > ツッツキレシーブからの攻撃練習

ツッツキレシーブからの攻撃練習

レシーブでも相手に強打されない為のツッツキをマスターし、有利な試合展開ができるようにここではツッツキからの攻撃パターンを作りましょう。

まずツッツキには2つの種類があります。1つ目は普段使うつなぎのツッツキ。もう1つは攻撃的ツッツキです。攻撃的ツッツキとは鋭い回転と、エンドラインギリギリの深いツッツキのことです。攻撃的ツッツキはラケットを寝かせ、ボールの下側を強くこすります。

     
     普通のツッツキ         攻撃的ツッツキ

インパクトの瞬間にこすることを意識して回転をかけましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、バック側に下回転レシーブを出してもらい深く鋭くツッツキ
まずは下回転サービスには攻撃的ツッツキをして、相手に強打されないツッツキをマスターすることから始まります。上に書いてある通り、回転がかかったエンドラインギリギリのボールは相手にとってとても打ちにくいボールになります。何度も練習しましょう。

2、相手がツッツキで返してきたら
相手がツッツキで返してきたらこちらからドライブで攻めていきましょう。その為ツッツキ後は素早く戻り、次の攻撃に備えましょう。


3、相手がループドライブで返してきたら
相手がループドライブで返球してきたらカウンターを狙いましょう。しかしトップスピンがかかっている事がほとんどなのでオーバーミスに気をつけましょう。やや横回転を加えたカウンターで対応するとミスしにくいです。


攻撃的ツッツキは相手にプレッシャーを与えることができます。相手が攻撃的ツッツキに慣れてない場合、ネットにかかってしまうくらいの効果があります。
さらに鋭いツッツキは強打しにくいので『あんなツッツキを打ってくるのか』と思わせることができればそれだけでも相手は下回転が出しにくくなります。しかも攻撃的ツッツキはやり方によってはナックルさえもツッツキ出来てしますのです。1度挑戦してみて下さい。


レシーブ関連記事
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。