卓球練習.comのトップへ > ツッツキを強打するときの注意点

ツッツキを強打する時の注意点

ツッツキを強打する時、打つ前に、まずどんなボールなのかを正確に判断することがミスをしない為に必要になってきます。

・切れているのか、切れていないのか、横回転もかかっているのか、回転を判断する
・バウンドしたボールがどのへんに来るのか、頂点の高さを判断する
・コートの深い場所でのバウンドか、ネット前の浅いバウンドなのかを判断する。
・ツッツいたのはバウンド直後か、十分に引きつけてからか飛んでくるボールの速さを判断する。


強打する場合には、どんなツッツキであっても左足のふみこみを十分にして、全体のフォームを小さめにした鋭い肩・腰・右腕のスイングでボールの頂点をインパクトすることが大事です。

切れているボールに対してはラケットの角度を少し開きぎみにし、上方向へのスイングで打ちましょう。切れていない場合はラケットの角度は変えずに水平的なスイングで打ちます。

ツッツキは飛んでくる時間が短いので、打つ判断を早くし、バックへの回り込みやフォアへの飛びつき、すばやいう動きをすることが頂点をとらえるために、特に大切なポイントになります。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。