卓球練習.comのトップへ > ツッツキの練習方法

卓球のツッツキの打ち方

ツッツキとは、ボールの底を切るようにつっつくことです。
このツッツキは最も重要なレシーブ技術です。試合ではこのツッツキが次への攻守につながる為、よりコンパクトに素早く打球する必要があります。

  

ツッツキの基本は、フォアでもバックでも、ボールに体を寄せる事です。手だけで打つと、コントロールが定まらず、打点が遅くなってしまうからです。また、できるだけ低く返球するために、回転に合わせて、ラケットの角度を調節する事が大事です。

打ち方は、飛んでくるボールに体を寄せ、やや上向きにしたラケットを合わせ、ラケットの角度を固定したままボールの底を切るように前に押し出すだけです。手首は使わずできるだけコンパクトにスイングする。慣れてきたら短調やコースを変えて練習してみましょう。


両ハンドのツッツキを確実に上達する3つのポイント




ツッツキ関連記事
攻撃的ツッツキを覚えよう
フォアハンドのツッツキの3つのコツ
サイドスピン(横回転)ツッツキの打ち方
粒高で切れたツッツキをするには?





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。