卓球練習.comのトップへ > 横回転サーブを見分ける方法

横回転サーブを見分ける方法

横回転のレシーブは、単純な下回転などのレシーブより難しいですね。横回転に対する適切な角度と、上回転なのか下回転なのかを同時に判断しないといけないからでしょう。横上回転をツッツキしてしまい、レシーブが浮いてしまい、相手にスマッシュを叩き込まれてしまう事を経験したことがあると思います。悔しいですね。

ここでは横回転を見分けるにはどうしたらいいかを解説しています。


①ラケットの動き
相手が打つサーブのラケットの動きをよく見るようにしましょう。しかし一番注意してみるのはインパクトの瞬間です。バックスイングやフォロースイングの動きに惑わされないようにして下さい。インパクトの瞬間のラケットの動きが横に動いてるのか、あるいは下に動いてるのかなどで、回転のかかり具合がよくわかります。


②ラケットの角度
ラケットの向きが上向きならば下回転、縦になっていれば横回転の比率が高いという事を頭に入れておきましょう。下横回転以外は、(横回転、横上回転)のボールは、ボールの北半球をこするように打ちましょう。


③ヒジの動き
ヒジの動きが横に動いたり上へ動いたりしている時には横回転が強いというように判断します。回転をかけようとすると、ヒジが動いてしまうものです。


④ボールのバウンドと飛び方
割合に速い、そしてはずむように来たボールは横回転です。バウンドが伸びてきたり、ポンとはずむ感じの時には横回転が強いと判断していいでしょう。


⑤ボールの回転
何といっても肉眼でボールの回転を見なければなりません。普段から動体視力をきたえる訓練を心がけましょう。そして、ボールがネットをこえたころには、どういう回転かが見えるように自分の目を訓練していきましょう。


⑥相手の位置の取り方
相手は横回転サーブを出した時には、やや長めのレシーブを予測して次に備えてくることが多いです。また、カットマンの場合には、横回転を出したあとは反撃を考えています。なので、位置が近くになります。

というように、それぞれの戦型によって位置の取り方は違いますが、一定の法則があります。その法則を見極めて回転を予測するようにします。つまり、相手のサービス後の立ち位置で、予測することも可能だということです。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。