卓球練習.comのトップへ > 横回転のレシーブ方法

バック側から横回転サービスが、自分のバックに来た時のレシーブの選択肢

バック側から横回転サービスが自分のバック側に来るシーンは、試合中に何度もあります。それだけ横回転はメジャーなサーブである事を意識し、横回転サーブを攻略できる選手になりましょう。

レシーブの選択肢としては、

1、順回転でサイドを切って返す
2、逆回転でストレートに返す
3、まわりこんで頂点を強打
4、バックハンドで強打
5、バックハンドでプッシュ


の5つで、あえてツッツキとい選択肢はここでは外します。ある程度強くなってきたら横回転に関してツッツキはうまく返す事ができない逃げのレシーブ選択で、いつまでたっても上の5つの選択肢が強化されないので、それ以上強くなれません。

押し込まれない相手と対戦して勝てるからといってそのままですごしてしまうと自分のわざをみがくことができず、成長がストップしてしまうことになりかねません。なので横回転レシーブは意識的にツッツキを封じましょう。

それともう1つの注意点は、横回転レシーブは頂点か、頂点より前でレシーブするのが原則です。覚えておきましょう。


それでは5つの方法を具体的に解説していきます。


1、順でサイドを切って返す
ボールの順回転、つまり、ボールと同じ回転にそうようにサイドを切って返す方法です。回転のメカニズムを理解し、スイングを回転に合わせてレシーブしましょう。右利き選手のフォアハンドでの横回転サーブだと、レシーブのラケットの動きは右から左になります。


2、逆回転でストレートに返す
逆で打つ場合には、順回転の反対になります。ラケットの動きは左から始まり、ボールの右側を切るイメージになります。相手の回転がそのまま生きてストレートに飛んでいくボールはアウトカーブがかかり、相手はそれだけ動くかたちになります。


3、まわりこんで頂点を強打
横回転サーブを頂点で打てば、かなりスピードのあるレシーブができます。思い切って回り込んで頂点を強打していくと、それに対する相手のブロックは持ち上げ気味になり、さらに4球目で決定的な攻撃をすることができます。

もし頂点よりうしろをこすり上げるように打てば、相手は上から押し出すようなプッシュをしてくるので、ラリーは不利になります。


4、バックハンドで強打
バックハンドでの強打は頂点をねらって、短いストロークでボールの北半球を水平にたたくような打ち方でねらっていきます。


5、バックハンドでプッシュ
バックハンドプッシュも頂点か、それ以前で打ちましょう。


レシーブ関連記事
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。