卓球練習.comのトップへ > 前後左右の動きで気をつけるべきこと

フットワークで気をつけることとは?

卓球の動きはさまざまなパターンがあるので、それぞれの細かい動きを一つ一つ理解し意識するのは大変です。ここでは前後左右の動きで最低限気をつけるべきことを解説しています。


左右の動き
・動こうとする方向と反対の足のケリを使うこと。
・上下動をできるだけなくして、台と平行に動く。
・動き終わった反動で腰を使ってバックスイングする。
・動き終わってスイングする時、基本である左への体重移動を忘れない。


前後の動き
・後ろにさがって打つ時、腰が後ろに残らないようにする。
・出る時もさがる時も、打つ時は前への踏み込みを忘れない。
・前へ動きながら打つ時は、小さめのフォームで踏み込みを使う。
・うしろにさがる時は上体が伸びないように前傾姿勢を保つ。


早く動くために反対の足を使うこと。左右での動きで、腰を開くタイミングが早いと、ボールの変化に対応しにくく、動きも遅くなってしまいます。動いてからその動き終わった反動で腰を回しましょう。フットワークの時、動きに集中しすぎて、打つときの体重移動を十分にする事を忘れないようにしましょう。

前後の動きでも、体ごとしっかり移動させ『前への踏み込み』を忘れないようにしましょう。


いろんなボールに対応できるよう、フットワーク練習は毎日練習しましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。